MIAについて

ご挨拶

漫画家・イラストレーターを目指す皆さん、はじめまして。club MIA(クラブミイア)主催者の石井です。
まず初めに私の簡単な自己紹介をしますと、私は元漫画家であり、イラスト専門学校の講師でもありました。私が漫画家やイラストレーター志望の皆さんを応援する「club MIA(クラブミイア)」を開いたきっかけは、私が現役時代に苦労した経験が元になっています。

club MIA(クラブミイア)を作った理由

結論から言いますと、イラストレーターにしろ、漫画家にしろ、出版物は「作家」と「編集者」のつながりの上で生まれます。その上で読者に素敵な作品が届けられます。 そして皆さんの中には作品を雑誌に投稿したり、出版社に持ち込んだりした方もいるかも知れません。 私自身、最初は大阪から漫画を投稿していて、やがて直接持ち込みのできる東京へ引っ越しましたが、その時に私は出版社に直接持ち込んで編集者に見てもらうことの大切さに気付きました。

「本物の編集者さんに見てもらうこと」

これは作品に磨きをかけられるだけではなく、そこに人と人のつながりが生まれ、やがては出版への道を開いてくれるものです。ところが、今私が住んでいる関西には大手の出版社はほとんどありません。 ですから関西に住む漫画家・イラストレーター志望の皆さんが「本物の編集者」に見てもらおうとするならば、新幹線に乗って東京まで持ち込みに行かないといけません。東京まで行くには時間もお金もかかります。学生の皆さんはご両親の許可も必要になってくるでしょう。
その逆のシステム、つまり編集部が東京からやって来る、実はこの火付け役になったのは、私たちクラブミイアです。

これは一見とても不可能なことに思われますが、「夢を持てば、誰でも魔法使いになれる。」そのミイアの口癖を信じてこれまでそれを実現させて来ました。 この実績と経験をきっかけに私たちミイアはイラストレーター、漫画家を真剣に目指す人たちのお手伝いを献身的にやって行きたい。そう決意をしてこのクラブミイアを運営しております。

私の動機はそんなところです。
MIAについて

実績

受賞歴 10万〜300万円の受賞者 50名以上
担当付き 200名以上
イラストのお仕事 20名以上
(ソーシャルゲーム、乙女ゲーム等の携帯アプリ・ライトノベル、教材、一般書籍等。)
企業イラストレーター25名以上
大学・専門学校の講師20名以上
その他、漫画アシスタント紹介等。